神大寺で保活② 子ども・子育て支援新制度

神大寺のみなさんこんにちは。

突然ですが、「子ども・子育て支援新制度」ってご存知ですか?

保活中のみなさんは、

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、一体自分たちにどう関係があるのか?

そこまで把握できている人はまだまだ少ない制度のように思います。

そこで、今回はその制度について考えてみましょう!

子ども・子育て支援新制度

政府の広報によると・・・

【すべての家庭が安心して子育てができ、子どもたちが笑顔で成長していくために、平成27年(2015年)4月からスタートしたのが、「子ども・子育て支援新制度」です。

この制度では、子どもの年齢や親の就労状況などに応じた多様な支援を用意し、必要とするすべての家庭が利用できる支援を目指しています。】

ということです。

次に、具体的にどんな支援があるのか調べてみましょう。

ちなみに、内閣府が発行したリーフレットがとてもわかりやすいので、

リンクを貼っておきますね。

子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK(平成28年4月改訂版)

認定こども園・地域型保育

新制度によって増えた保育・教育の場があります。

それは、「認定こども園」と「地域型保育」です。

「認定こども園」

教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。

幼稚園教育要領には、幼稚園の1日の教育時間の標準を4時間と定め•••と記載があるので、大体どこの幼稚園も9:00〜14:00の間になっています。

ですから、幼稚園の教育時間以外は保育園として保育しますよ〜♪

という施設が認定こども園なのです。

神大寺近辺では「認定こども園捜真幼稚園」があります。

ちなみに、幼稚園に入園希望の場合は直接幼稚園へ入園申し込みをしますが、保育機能の利用を考えている場合は、管轄が区役所になるので、お間違えのないように!

「地域型保育」

0〜2歳の少人数の保育を実施することで、きめ細やかな保育が行われています。

保活①で記載した、保育施設9種類のうち、以下4種類がこの地域型保育に当てはまります。

・家庭的保育事業

・小規模保育事業

・事業所内保育事業

・届出済認可外保育施設 施設型(企業主導型保育事業含む)・居宅訪問型

横浜市内の小規模保育事業施設一覧

横浜市内の届出済認可外保育施設一覧

神奈川区の家庭的保育事業一覧


そんなわけで、この制度によって保育の多様化が進んだということなんですね!

これはとてもありがたい制度です。

【共働きだったら保育園】

そういう時代はもうひと昔のことで、今は様々な施設から、子どもに合った場を選ぶことができる時代になったのですね〜✨

子どもが安心して過ごせる保育施設と出会えますように☆

ではでは👋

保活③近日公開予定〜

神大寺で保活② 子ども・子育て支援新制度”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です