神大寺・片倉でコロナワクチン 誰がどこで接種できる?

みなさんこんにちは!

いよいよコロナワクチンの接種が始まりましたね。

ワクチン、受けるも受けないも自己判断ですが、受けたい人がスムーズに受けられるようにと思い調べてみました。

ちなみに、接種にあたっては予約制で、接種対象者の優先順位や接種できる場所など、細かく決められています。

以下ご参考にどうぞ。

接種対象者
・医療従事者等
・高齢者(令和3年度中に65歳以上になる方)
・基礎疾患のある方、高齢者施設等の従事者等
・上記以外の者

次に、上記対象者には接種できる優先順位があり、以下となります。

接種順位
1 医療従事者等
2 高齢者(令和3年度中に65歳以上になる方)
3 基礎疾患のある方、高齢者施設等の従事者等
4 上記以外の者

なお、接種に当たっては横浜市から高齢者のみなさんへ個別に通知が届くそうですので、通知が来るのを待ちましょう。
横浜市から個別通知が発送される時期は以下をご覧ください。
高齢者以外の方への通知は追って順に発送されるそうですので待ちましょう!

高齢者のみなさんへ個別通知の発送時期
★4月下旬 ※以下年齢ごとに2回に分けて発送
80歳以上
75歳以上

★5月中旬 ※以下年齢ごとに2回に分けて発送
70歳以上
65歳以上

神奈川区民の接種方法と接種場所
①集団接種 
 神奈川公会堂

②個別接種
 市内の病院・診療所等 ※こちらは現在調整中とのことですので、分かり次第追記します。

③施設接種
 高齢者施設 ※こちらは高齢者施設の利用者が対象

接種費用
全額国費で接種を行い、自己負担はなし

予約方法

ワクチン接種のために、スマートフォンやパソコン、電話で予約が取れる予約システムが開設されるそうです。
施設接種の対象者以外の方は、集団接種または個別接種のいずれかにご予約いただき、接種を受けてください。
具体的な予約方法については、まだ公開されていないため、分かり次第追記します。

ワクチン接種についてコールセンターが開設されているので載せておきますね。

【ワクチン接種コールセンター】
電話番号:0120-045-070
受付時間:9時~19時まで   土曜日、日曜日、祝・休日も実施
対応言語:8か国語に対応 (日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語)
F A X : 050-3588-7191 ※耳の不自由な方のお問合せ用FAX番号です。

●現在わかっているワクチンの副反応は次のように発表されています。
 ファイザー社のワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。
 こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。
 (詳しくは、厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご確認ください。)

横浜市役所のホームページにも詳しく載っていますのでご覧ください。

この記事を書いたひと

ルンルン

昼寝が大好きで暇さえあれば毛布にくるまっています。時折、太陽の光を浴びてエネルギー補給。食べることが大好きなので仕方なく料理していますが、本当は誰かが作ってくれたご飯を食べたいです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です