横浜市長選挙告示開始、まずは立候補者を知ろう!

7月23日に開会式が行われた東京2020オリンピック

昨晩(8月8日)、閉会式が行われました。

あっという間の2週間でしたね。

アスリートの皆さんはオリンピックに向けて、日々ハードな練習を重ねてきたことでしょう。

競技ですので順位を付けられてしまいますが、良い結果が出た選手、そうでなかった選手、皆さんお疲れ様でした。

関係者の皆さんもお疲れ様でした♪

そして8月24日には、東京2020パラリンピック開会式が行われます。

こちらも楽しみです^_^

さらに昨日は、横浜市長選挙の告示日でした。

立候補者は過去最多の8人。

日本最大の政令指定都市でもある横浜市

いったい誰が選ばれるのでしょうか。

投票権をお持ちの市民の皆さんは、ぜひ投票にいきましょう!

でも投票の前に、誰が立候補しているのか、どういった考えを持っているのか、知っておく必要がありますよね。

ここでは、横浜市選挙管理委員会に各候補者より寄せられた情報をまとめて作られた選挙公報をお伝えします。

選挙公報のPDFはこちら

IR誘致が大きな争点として取り上げられていますが、横浜市民としてはそれ以外の所にも十分目を配っておかなければなりません。

これから投票日まで、メディアや街頭で立候補者の話を聞く事があるかもしれません。

その時はちょっと耳を傾けてみてはいかがですか?

ではでは。

この記事を書いたひと

よっしー(神大寺ナビ編集長)

食べる・呑む・遊ぶが趣味。楽しい事大好き!をA面に出すが、B面にはめんどくさがりでコミュ力の低いおじさんの顔を持ち合わせている。実はITの知識は全て検索とGoogle先生頼りでここまでやってきた。ブラインドタッチもできないおじさんでも、地域をもっと便利にし多様な手段で多様な繋がりを創造したいと想像している…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です