一緒に!地元に!日本語教室をつくりませんか?

令和3年8月に「政策局総務部統計情報課」より公表された「外国人の人口」では、

神大寺・片倉のある神奈川区は、横浜市内18区の中で4番目に外国籍の方が多い区であることが分かりました。

そんな神奈川区では、多文化共生のまちを目指して様々な活動が行われています。

以前にもお話しさせていただいたことがありますが、横浜市で4番目に外向人人口が多いのに国際交流ラウンジがないんです。(国際交流ラウンジ一覧) その時の記事はこちら

その中のひとつに、神奈川区役所地域振興課 生涯学級が行なっている外国籍の方向けに日本語を教える活動があります。

今回、一緒に日本語教室を作ってくれる方を募集しています。

外国語が分からなくても、未経験でも大丈夫!

参加することで、あなたも多文化に接することができますよ。

多文化に接することで、あなたにも新しい考えが生まれるかも⁉︎

ご興味のある方は、神奈川区役所地域振興課 生涯学習担当までお電話かメールにてご連絡ください。

電話番号:045-411-7093
メール :kg-gakyuu@city.yokohama.jp

周囲の外国籍の方へ教えてあげてください♪

母国でない外国で生活するのは、決して楽ではありません。

外国で生活するのに困るのは、言語だけでなく生活に関係するさまざまことをどこに確認したら良いのかという問題があります。

外国籍の方が神奈川区内で暮らすのに役立つ情報をまとめたリーフレットがあります!

それがこちらです。

こちらのリーフレットのPDFはこちら

あなたの身の周りで外国籍の方がいらっしゃったら、ぜひこちらのリーフレットを教えてあげてください^^

きっと喜んでいただけると思います。

今年はオリンピック・パラリンピックも開催され、ここ数年で多様性に注目が集まってきました。

多様性に目を向けはじめると、人は皆その多様性の中の1人なんだなぁと感じます。

多文化も多様性の一つ、「地域のみんなが上手に共生できるまち 神奈川区」

なんか良い響きだなぁ^_^

実は多文化共生には、小さな子どもたちが多く関わっています。

外国籍の方のご家庭には、子どもたちがいることも多いんです。

大人は自分でなんとかできても、子どもはなかなか難しいことがあります。

またはその逆、子どもは環境に馴染んでも大人は難しいなんてこともあります。

そこもちょっと気にかけてみてくれると嬉しいです。

ではでは。

この記事を書いたひと

よっしー(神大寺ナビ編集長)

食べる・呑む・遊ぶが趣味。楽しい事大好き!をA面に出すが、B面にはめんどくさがりでコミュ力の低いおじさんの顔を持ち合わせている。実はITの知識は全て検索とGoogle先生頼りでここまでやってきた。ブラインドタッチもできないおじさんでも、地域をもっと便利にし多様な手段で多様な繋がりを創造したいと想像している…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です