和菓子處 藤乃さんの新春菓といえばコレ!

和菓子處藤乃の1月の新春菓

寒さが身にこたえますね。

寒いのが苦手な私…

自宅のストーブから離れるのに勇気がいります。

なかなか勇気を出せない私は、暖かい部屋で美味しい御菓子をいただきながらのんびり過ごす。

という誘惑に負ける今日この頃です(^_^;)

今日は、のんびり過ごすのにもってこいの美味しい御菓子をご紹介します。

それは、和菓子處 藤乃さんの1月の御菓子

【 花びら餅 1個350円 】

白い餅生地からうっすらと見える紅色が、初春の華やかさを思わせる御菓子です。

花びら餅は、押し鮎に見立てた牛蒡(ごぼう)と味噌餡を餅生地で、半月状にたたみ梅の花弁に見立てた物とも言われているそうです。

もともと宮中の正月の行事食の菱花びら(ひしはなびら)が、菓子化され、裏千家の初窯の菓子として使われるようになったそうです。

和菓子に詳しいように語ってしまいましたが、藤乃のご主人に教えていただきました^^

こちらの御菓子の特徴はなんと言っても【牛蒡と味噌餡】

私は、味噌餡というものをあまり見かけたことがありませんでした。

お味ですが、その名の通りお味噌が甘くなった感じでしょうか。

でもお味噌は、「これ味噌だよ」と言われないと分からない程度なので、

気づかず白餡だと思って食べてしまうかもしれません。

とっても美味しかったです。

こちらの御菓子のもう一つの特徴でもある牛蒡ですが、味噌餡と一緒に食べると牛蒡の甘さと餡の甘さが上手いこと重なる感じで美味しいんです。

あとちょっとした歯応えもいい感じです。

初めて見たときは和菓子に牛蒡が入っている事に驚きました^^

こちらは、この時期限定の御菓子ですのでお買い求めはお早めにどうぞ。

ではでは。

和菓子處 藤乃 

営業時間 8:00~16:30
定休日  火曜日
住所  神奈川区神大寺1-42-17
電話  045-481-0590

神大寺に古くからある和菓子屋さん。
銘菓胡麻最中や季節の和菓子で四季を感じてください。

この記事を書いたひと

よっしー(神大寺ナビ編集長)

食べる・呑む・遊ぶが趣味。楽しい事大好き!をA面に出すが、B面にはめんどくさがりでコミュ力の低いおじさんの顔を持ち合わせている。実はITの知識は全て検索とGoogle先生頼りでここまでやってきた。ブラインドタッチもできないおじさんでも、地域をもっと便利にし多様な手段で多様な繋がりを創造したいと想像している…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です