ヒートショック、お餅の詰まらせ、空き巣…年末年始はご注意ください!

年末年始時期ですね。

ご自宅でゆっくり過ごされる方、お出かけをする方、お仕事の方、皆さんはどんなお正月を過ごす予定ですか?

ちょっと心がワクワクする時期ですが、注意も必要です。

休日モードになる年末年始では、気の緩みからかちょっとした事故が起きます。

なので、年末年始に向けた注意点をお伝えします。

目次

その1

神奈川消防署からは、ヒートショックの注意喚起がされています。

ヒートショックとは、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをいいます。

この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。

冬場に暖房の効いたリビングから脱衣所に移動し、浴槽に入るときなどに起こる。

リビングから脱衣所に移動した際には、寒さに対応するために血圧が上昇し、浴室へ入るとさらに血圧は上昇します。

浴槽に入ると、急に身体が温まるため、血圧が下降します。

特に10℃以上の温度差がある場所は危険とされており注意が要必要です。

11月~2月までの時期がヒートショックの好発時期です。

浴室や脱衣所などの気温が下がり、長風呂になりやすいため、危険が高まります。

昔ながらの日本家屋や温泉施設などでは床がタイルだったり、暖房設備がない場所も多いので温度差が生じやすくなります。

また、トイレでヒートショックを起こす人もいるので、お風呂以外でも温度変化のある場所には要注意なんだとか。

予防のポイントは、

  • 脱衣所・浴室、トイレを暖かくする。
  • 夕食前、日没前にお風呂に入る。
  • 食後1時間や飲酒後は入浴を控える。
  • 湯温を41度以下、入浴時間を10分を目安。
  • 手足にかけ湯してから入る。
  • 浴槽内で急に立ち上がらない。

皆さん注意しましょうね。

その2

お餅の詰まらせにご注意ください!

この時期になると一気に増えるお餅の事故。

消費者庁からも注意喚起が出ることが多いです。

お餅の大きさに注意!

大きい餅を飲み込もうとする時に発生しやすいのですが、とある窒息事故は5.5cmのお餅が詰まっていたなんてことがあったそうです。

大きい餅のまま飲み込んではいけないというのは皆さんご存じだと思いますが、実際どのくらいなら大丈夫なんでしょうか?

消費者庁では「餅は小さく切っておく」と勧められていて、気管の平均的な太さである直径2cmより小さければ気管に詰まることは少ないそうです。

直径2cm以下のお餅をしっかり噛んで食べるとある程度安全ということになります。

ただし、気管の太さには個人差がありますので、100%安全ということではありません。

安全性が上がると思っていただければ嬉しいです。

ちなみに小児の場合は年齢によって直径1cm前後の事もありますので、年齢に応じてさらに小さくする必要もあります。

その3

長期間(長時間)家&事業所を留守にすることの多い年末年始。

そこで増えるのが、空き巣です。

泥棒は、家の主が不在という情報をキャッチし空き巣に入ります。

最近では、「明日から実家に帰省」「ふるさとで旧友と再会」「久しぶりの家族旅行」といった内容をSNSにアップする方も多くなってきました。

そのSNSは、「しばらく留守にします」というメッセージを発信したことと同じ。

アップしたければ、送信する相手を慎重に選んだり、「やっぱり旅行は楽しかった」というように「過去形」で投稿したりすることで、「犯罪の機会」を与えないようにしましょう。

留守中の戸締りはもちろんですが、ご近所の方と面識がある方は一言声がけするのも良いかもしれませんね。

今からでもできる!防犯対策!

  • 必ず施錠する。(近くのコンビニへ出掛ける時も鍵を掛ける)
  • 郵便物をためない。(新聞は電話連絡しておけば止めることができ、郵便物は郵便局で預    かってもらえることができる。)
  • 人感センサーを設置。(人が通ると明かりが点く。タイマーで玄関灯や室内灯を自動点 灯・消灯)
  • 窓には音の出る補助錠を取り付ける。
  • ガラスには防犯フィルムを貼る。
  • 近所に声を掛けておく。(普段からコミュニケーションをとり、お隣や近所の人と声を

 掛け合う。)

いろいろな防犯グッズが出ていますので、予算にあわせて対策をされてはいかがでしょうか。

なかでも、普段から地域と連携しておくことが防犯対策のポイントとなることでしょう。

犯罪者は地域コミュニティがあまりない所で多く発生するそうですので、常に挨拶、声かけなどができている地域にすることがやっぱり大切ですね。

実は、在宅中やちょっとした買い物時間でも被害にあることがあります。

ここ数年で人々の防犯意識や住宅の防犯性能が高まりましたが、それでも空き巣被害がなくならないのには、大きな理由があるそうです。

実は、泥棒の多くは“無締(むじま)り”、つまり、鍵が開いたままのドアや窓から侵入しているらしいです。

住人がそのまま買い物にでも出掛ければ、その家は泥棒にとって鍵の開いた金庫も同然。

住人の心の隙間が、泥棒に付け込まれる。

私たちの身近でも、こういった被害を受けている方がいらっしゃいます。

しかし空き巣のような事件は、あまり報道される事がないので身近に感じる事がありません。

実は、この新聞に載らないレベルの事件をまとめた、【地元の事件簿】【神大寺交番だより】というものがあります。

発行元は、神奈川警察署 生活安全課

毎月発行されています。

ここから確認できますよ。

神奈川警察署ですので管轄の神奈川区が対象地域となっています。

この地元の事件簿、皆さん知っていましたか?

かんだいじナビでは、神奈川警察署生活安全課より「地域の皆さんに知ってもらいたいので、ぜひ掲載して下さい」ということで、トップページの【神奈川区防犯情報】から確認できます。

定期的にチェックしてください。

この記事を書いたひと

らいおんまる(神大寺ナビ3代目編集長)

神大寺片倉町エリアに越してきて40数年、正直今まで近所に興味はなかった私…。「かんだいじナビ」を見てこの地域の良さを少しずつ知るようになりました。以前の私と同じように思っている方、お引越しされてきた方たちに、少しでもこの地域の魅力を伝えられたらなぁと思っています。
WEBスキルは…不足気味ですがよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です