言葉では表現しきれない多様な中高生たちが、彼らの目に映る横浜を自由に切り取る!Photo Project

神奈川区は横浜市で4番目に外国籍の方が多い街

神大寺・片倉のある神奈川区は、横浜市内18区の中で4番目に外国籍の方が多い区です。

神奈川区では、多文化共生のまちを目指して様々な活動が行われています。

以前にもお話しさせていただいたことがありますが、横浜市で4番目に外国籍人口が多いのに国際交流ラウンジがないんです。

国際交流ラウンジ一覧はこちら

その時の記事↓

多文化共生をすすめる会

横浜市で4番目に外国籍人口が多いのに国際交流ラウンジがない神奈川区で、「国籍の壁を無くし多文化共生を進めよう」と活動されている方々がいらっしゃいます。

その名も「神奈川区に多文化共生をすすめる会」の皆さん。

先日、「神奈川区に多文化共生をすすめる会」の皆さんからイベント開催のご連絡をいただきました。

横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト

出典:ヨコハマアートサイト(撮影:大藪順子)

「外国につながる」という言葉では表現しきれない多様な中高生たちが、彼らの目に映る横浜を写真というカタチで自由に切り取りる内容です。

横浜インターナショナルユースフォトプロジェクトでは、横浜在住の「外国につながる」ではひとくくりにできない中高生達にカメラを持たせ、彼等の目線で横浜を写すことで、多様なコミュニティーの存在を可視化し、誰もが自分らしく生きる社会へ向けてのダイアローグに繋がればと願っています。同時に、レンズを通して自分の生きる世界と向き合い、自己表現をすることを通して、彼らの自己肯定感が養われたらと願っています。

Picture This Japan

神奈川区では、かなっくホールで開催!かなっくホール限定展示もある!

神大寺片倉から行きやすいかなっくホール

こちらでも写真展が開催されます。

しかも、かなっくホールでのみ、中高生の作品だけでなく「友ゆうスペース」の小学生たちの作品も展示されます!

友ゆうスペースについてはこちら

かなっくホール写真展

外国につながる中高生の写真展を開催します❗️

日時:2月1日(水)〜5日(日)

時間:10:00〜17:00

場所:神奈川区東神奈川1-10-1(かなっくホール3階ギャラリー)

言葉で表現しにくい子どもたちに、写真の技術を教えて作品にする取り組み、外国につながる中高生の写真展

神奈川区かなっくホールのみ、友ゆうスペースの小学生の作品も展示。

尚、2月4日(土)13時30分からは、プロのカメラマンによるギャラリートーク「想いを写す Picturing Thoughts」も開催されます!

お時間ある方は、ぜひ行かれてみてください。

何か感じるキッカケになるかと思いますよ。

ではでは。

この記事を書いたひと

よっしー(神大寺ナビ編集長)

食べる・呑む・遊ぶが趣味。楽しい事大好き!をA面に出すが、B面にはめんどくさがりでコミュ力の低いおじさんの顔を持ち合わせている。実はITの知識は全て検索とGoogle先生頼りでここまでやってきた。ブラインドタッチもできないおじさんでも、地域をもっと便利にし多様な手段で多様な繋がりを創造したいと想像している…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です