ひっそりと佇む隠れた名店「croquant(クロカン)」パンと焼き菓子のアトリエ

初めまして!apricotです。

この度、神大寺・片倉の美味しい情報をご紹介して、皆さまに少しでも幸せな気分になって欲しいなぁ。と思っています。

不定期ですが、どうぞよろしくお願いします(^o^)

今回ご紹介するのは、住宅街の坂の上にある、日曜日のみOPENの隠れた名店「croquant(クロカン)」パンと焼き菓子のお店です。

5年ほど前からお店をはじめられているそうなので、ご存知の方もいるかと思います。

まず、ご自宅の門をくぐってお庭に廻ると、途中にメダカの池があり、何だかほっこりと癒されます。

夏場は元気に泳ぎ回るメダカが沢山見れます!

その先には、可愛らしいウッドチェアーとテーブルがあり、とっても素敵な空間です。

【OPEN】3月〜11月 13:00〜18:00
12月〜2月 13:00〜17:00 (日曜日)

そして、お部屋の窓側の、縁側風な空間で、パンと焼き菓子を販売されています。

靴のまま、お上がりいただけます。

いただいたものをご紹介!

今回、私がいただいたものはこちら。

大人気の「角食パン」は、自家製酵母で、北海道産「キタノカオリ」をメインに使用。やわらかなクラムの食パンです。

バターをのせて、軽くトーストしていただいたら、もちっとした食感で絶品でした!

毎朝食べたい美味しさです。

リンゴブレッド」は、自家製紅玉のジャムを詰めて、りんごのキャラメル煮をトッピングして焼いたものです。

季節の素材を使ったパンは今だけのお楽しみです!

ほうれん草、ベーコン、チーズのフォカッチャ」は、もちもちとした弾力のある生地で、具沢山なのが嬉しい!

野菜の栄養がとれるのも◎

「ウィークエンド シトロン」は、レモンの酸味がたまらない!紅茶と一緒にいただきたくなる焼き菓子です。

  

こちら、あると必ず買ってしまいます!

とにかく、どれをいただいても絶品で、飽きのこない美味しさなんです。

開業のきっかけ

店主の沼尻眞理子さんは、子供の頃から粉物が大好きだったそうです。

フランスにある”ル・コルドン・ブルー“で、2年間フランス菓子の勉強をされ、パン作りは独学とのことですが、もう20年以上もパンを作り続けているそうです。

おすすめ商品は?

沼尻さんに、おすすめ商品をお伺いしました。一つ目は「ロールメロンパン」

上のクッキー生地に、国産レモンのすりおろしを使用していて、ほのかに感じる酸味も楽しめます。

カソナード(サトウキビ100%のフランス産の赤砂糖)をまぶして焼いています。

そして二つ目は「ベーグルHOT DOG」

ソーセージにベーグル生地が巻かれています。

弾力のあるベーグル生地は、食べ応え十分です!

こだわりは素材選び

お店のこだわりは、なんと言っても“素材選び”だそうです。

自家製酵母で作るパンは、国産小麦を使用し、なるべくオーガニックを選んだり、とにかく良質なものにこだわっているそうです。

自家製グラノーラや自家製ジャムも人気商品です。

そんなこだわりの詰まった、日曜日しか購入することが出来ない隠れた名店で、ひとつひとつ丁寧に作られた、優しいパンや焼き菓子を、是非味わってみてはいかがでしょうか。

営業日などの詳しい情報は、Instagramや
下のお店情報からご確認ください。

croquant クロカン

営業時間 13:00~17:00(12月~2月)/13:00~18:00(3月~11月)
定休日  日曜日以外はお休みです(日曜日のみ営業)
住所   神奈川区片倉2-32-15
電話   090-7233-5976
Instagram https://instagram.com/croquant4?utm_medium=copy_link

パンと焼き菓子の小さなお店♪ 片倉の高台にあり、日曜日のみ営業している隠れた名店です。

この記事を書いたひと

apricot

美味しいもの探しが大好き♡特にスイーツやパンが大好物!美味しいものに出会えた時の感動が得たくて、日々グルメ探索が趣味の一児の母です☺︎
我が街の素敵なお店を探索して、美味しい情報を共有して、皆さまの幸せのお手伝いが出来たら嬉しいなぁと思っています!! よろしくお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。