心もお腹も満たされる憩いの場「お惣菜 飯田」さん

こんにちは!apricotです(^-^)

今回ご紹介するお店は、神大寺コープのすぐ裏にある”お惣菜 飯田“さんです。

お店を始めて丸17年

店主である飯田タカ子さんは、小学生の頃から、お料理作りが大好きだったそうです。

17年前、70歳を迎えたご主人様の退職をきっかけに、

当時65歳だったタカ子さんは、長年の夢であった、お惣菜屋さんをオープンすることになったそうです。

そして、食品衛生責任者の資格を取得する為に、猛勉強したそう。本当にスゴいです。

車庫だった場所を店舗に改装。
“営業中”の赤いのぼりが出ている時は、
まだ商品があります^_^

お惣菜屋さんをオープンする前は、

新聞奨学生たちの、朝晩の食事を作る仕事を19年間もされていたそうです。

19年間、毎朝4時半起きの生活をされていたそう。

お話を伺わせていただきながら、本当にお料理が好きなんだなぁ!と感じました。

憩いの場

そして、取材をしていた数十分間、タカ子さんの元には、顔見知りの方が、引っ切りなしに訪れていました。

ワンちゃんをお連れの女性は、”ここのお惣菜で育ったのよ”とおっしゃっていました^_^

ツケでお願いね!」とか、「明日の分のお金も置いていくね!」とか、「赤ちゃんが生まれたら見せに来たよ!」などなど

タカ子さんとお客様とのやりとりを、近くで見ていた私は、ほのぼのとした気持ちになりました(*^_^*)

お惣菜は日替わり

お惣菜作りは、朝の7時頃から始めて、店頭に並ぶのは、朝8時頃です。

お客様が飽きない様に、メニューは日替わりだそうです。

私がいただいたのはこちら↓

ひじきの煮物、たけのこご飯、ふきの煮物。

朝10時で、売り切れていることもしばしば。日によっては昼過ぎまであるそうです。

取材の日は、朝の8時に伺って、3日目にしてやっと購入出来ました!

数日前に伺った時に、近くの農家さんが、ふきを持ってきている光景を目にしました。

このふきの煮物は、あの時のものだな!と思いながらいただきました(^-^)

ご近所の、農家さんなどの知り合いが、食べきれない野菜を持ってくることは、よくあるそうです。

たけのこごはんは、うちの息子のお気に入りです。

味ですが、どこか懐かしさを感じる、まさにおばあちゃんの味です。

真似したくても真似できない、長年の経験を積まれた熟練された味!

味付けは薄味なんですが、物足りなさは決して感じず、素材の味が生きているんです。

毎日食べても飽きのこない、お料理好きなタカ子さんが作る、優しい優しいお惣菜を、是非召し上がってみてくださいね♪

心もお腹も、とっても満たされましたよ(*^^*)

お惣菜 飯田

場所:神大寺2-39-13(神大寺ユーコープ裏)

定休日:日曜日

営業時間:7:30〜売切れ次第終了

この記事を書いたひと

apricot

美味しいもの探しが大好き♡特にスイーツやパンが大好物!美味しいものに出会えた時の感動が得たくて、日々グルメ探索が趣味の一児の母です☺︎
我が街の素敵なお店を探索して、美味しい情報を共有して、皆さまの幸せのお手伝いが出来たら嬉しいなぁと思っています!! よろしくお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。