神奈川区地域子育て支援拠点かなーちえに行ってきました〜♪

こんにちは。

今回は子育て支援施設のかなーちえに行ってきました~。

どんなところか分からないなぁと、今まで行くのを躊躇していた方!

子どもが大きくなってきたから、ちょっと遠出してみようかなぁと思っている方!

子育てで悩んでいて、とにかく誰かに話した~いって方!

そんな人は行ってみる価値ありです。

神大寺、片倉から行く場合の行き方ですが・・・実はバスで1本なんです!

神大寺入口、片倉町駅前などのバス停から乗車、東神奈川駅で下車すれば、かなーちえはすぐそこです。

今回は、東神奈川駅でバス停を降りてからをご案内します。

バス停を降りると、こんなところに出ます。

向かって右側がエレベーター、左が階段です。どちらかを使って、上に行きましょう~。

上ったところには、ドトールショップがあります。

ここを左に行くと、東神奈川駅の改札です。

ね!意外と近いですよね。

改札を通り過ぎると、歩道橋があります。

(本当は、ペデストリアンデッキという名前ですが、いつも噛みそうになるので、私は「歩道橋」と呼んでます( ゚Д゚))

ここに出ればもう左手にかなーちえが見えてくるはず。(写真右)

かなーちえは建物の3階です。エレベーターで3階に向かいましょう。

初めてかなーちえに行ったときは、カードを作ったり、簡単な施設の説明を聞いたりします。

時間に余裕のある時がいいですね。


その他、かなーちえの設備です。

「子育て支援施設」というだけあって、赤ちゃんでも、離乳食ベビーでも、ちょっと大きいキッズさんでも・・・どの年齢で行っても、至れり尽くせりのところです。

私も子供と少し離れたいなぁ、愚痴を言いたいなぁというときに何度もお世話になりました。

最後に、かなーちえで行っているコロナ対策です。

まだまだ外の施設を利用するときには、気になるポイントですね。

かなーちえのコロナ感染予防対策

  • 入口の検温、手指消毒。
  • 最大30組
  • 時間交代制(①9:30~12:30 ②12:30~15:30)
  • 食事タイムの制限、ソーシャルディスタンスの確保(11:30~12:15)
  • 休園、休校になっているきょうだい児の利用停止

余談ですが・・・最近かなーちえの床が絨毯からフローリングに変わりました。掃除も消毒もしやすくなったんです!

駅直結なので、信号もなく、かなーちえまでの移動は楽です。

帰りに駅でちょこっと買い物していくのもいいですね。

ぜひ、みなさん一度行ってみてください~。

かなーちえ

場所 : 神奈川区東神奈川1丁目
電話 : 045-441-3901
開館時間 : 9:30~15:00
休館日 : 日曜日・月曜日・祝日・年末年始
(祝日や振り替え休日が月曜と重なる時は翌火曜も休館となります。)
利用登録料 : 無料 ※初回利用時にカードを発行します。かなーちえサテライトと共通です。

Mail:kana-chie@55.netyou.jp
Web : https://kana-chie.com/

神奈川区地域子育て支援拠点かなーちえは、主に0歳から未就学までの親子やマタニティの方とそのご家族、地域で子育てを応援してくださる方たちのための施設です。
”かなーちえ”は、NPO法人親がめが横浜市から受託して、運営しています。
子育て中の人のために、子育て支援に関わる人・応援する人のために”かなーちえ”は、地域とともに7つの機能で子育て・子育ちをサポートします。

この記事を書いたひと

ママ鉄子

神奈川区在住。乗り物大好き、電車大好き。
3人の男子に囲まれて、たくましく生きてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。