ママパパ必見!横浜駅をベビーカーのまま移動できる方法【西口→東口ルート編】

横浜駅の東口は、比較的通路が広く、ベビーカーでも移動しやすいのが特徴です。

高島屋とそごうの食品街を比べると、そごうの方が通路が広く、段差がないです。

(ラインナップの好みはありますが、それは置いておいて・・・( ゚Д゚))

また、ベイクォーターには、シーバスの乗り場があります。

新しい停留所もできるとのことで、ゴールデンウィークのおでかけにもいいですね。

が、しかし!!!

肝心の東口に抜ける方法が分からない~~というお声をいただきまして

今回は、写真付きで、東口に抜ける方法をお知らせします。

ブルーライン横浜駅の改札を出ました。

目の前にはこんな感じの風景が広がっています。

左ななめ前がエレベーターです。

このエレベーターで、B1Fに行きます。

降りるとこんな感じ♪

スロープを上がると、目の前に神戸屋キッチンが見えます。

ここで、道が二股に分かれているのですが、JOINUS(ジョイナス)の柱の手前を進むことが大切!

手前の道に進むとこんな感じです。BODYSHOPが目印ですね。

この道を奥まで進みます。

不安を断ち切って、奥までですよ?

壁にぶち当たるので、それで大丈夫です。

正面の壁には京急線の案内があります。

ふと上を見ると、「東口」の文字が!安心しますね~(*^。^*)

矢印にしたがって左に曲がると、緩やかなスロープです。

緩やかなんです。ゆるやかなんですが、長いんです。

息が切れそうになりますが、頑張って上りましょう~。

上りきると、正面は京急の改札です。

改札の前を通り過ぎ、さらに左に曲がると、中央口に出ます。

ここからは、地上コースと、地下コースに分けて紹介します。

地上コース

  •  空いている。
  • 開放的。
  • ベイクォーターと平面でつながっている。

ルミネの横を通り過ぎ、右に曲がります。

曲がると、見えてくるエレベーターに乗ります。

上に向かってくださいね。

外に出るとこんな感じです。

左に曲がります。

次に歩道橋が見えるので、上に行きます。

エレベーターか、すろーーぷで上れますよ~。

上は、通路が広めの歩道橋です。

そごうの看板も見えますね。

突きあたりが、そごうです。

お疲れさまでした。

ちなみに・・・そごうに入らずにここを左に進むと、ベイクォーターです。

地下コース

  • 雨、風、暑さ、寒さも感じない。快適な気温。
  • そごうの食品街に一直線。

では、中央通路に戻って、地下から行ってみましょう。

まずは、ルミネの中のエレベーターで、地下2階に行きます。

地下2階で降りると、上には地下街とそごうの案内があります。

進んでいくとこんな感じです。

ビームスを左に進むと、中央通路に出ます。

人が多い!!!

でも、この人混みを抜ければ、そごうに到着です。

地下からベイクォーター行きたいときは、そごうの中のエレベーターで2階にあがってください。

いかがでしたか?

今回は、横浜駅ベビーカーを押したまま移動できるルートのご紹介でした♪

たまに、エスカレーターにベビーカーの前輪をひっかっけて乗っている方を見かけます。

その気持ち、分かります!

エレベーター探す&待つの大変なんですよね。

でも、ベビーカーのエスカレーター使用は危険ですのでやめましょう。

写真を撮りすぎ、少し長くなってしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を書いたひと

ママ鉄子

神奈川区在住。乗り物大好き、電車大好き。
3人の男子に囲まれて、たくましく生きてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。