『ホントノデアイ』大人も子どもも本に出逢おう!オススメ本をご紹介♪

はじめまして。

このたび

『ホントノデアイ』

と題して、不定期で本の紹介をさせていただくことになりました。

気まぐれ古本屋ママゴト商店シノと申します。

わたしは本が大好きで、自分が楽しむだけでは飽き足らず

「お子さんにも大人の方にも、どんどん本を楽しんでもらいたい!」

という大変おせっかいな気持ちから、本にまつわる活動を色々としています。

こちらでは、毎回『お題』から思い浮かんだ本を、3冊ご紹介していきたいとます。

ただ、あらすじも感想も評価もいっさい書きません。

「本を楽しむ」のはみなさんであり、「楽しむ」は「出逢う」ところからすでにに始まっているからです。

みなさんなりのホントノデアイ、そしてその先を、楽しんでみてくださいね。

もし紹介した中に気になる本があったなら、本屋さんや図書館、学校図書館などに行って、探してみてください。

紹介した本はもちろん、違う本との新たな出逢いもあるかもしれませんよ。

(なるべく横浜市立図書館にある本を選んでいます。予約すれば、移動図書館『はまかぜ号』でも受け取れますよ。)

  • •いちねんせい
    谷川俊太郎 詩/和田誠 絵 小学館
    (詩の絵本 48頁)
  • 1ねん1くみのいちにち
    川島敏生 写真•文 アリス館
    (写真絵本 40頁)
  • 夜明けの図書館(全7巻)
    埜納タオ 双葉社
    (マンガ)

※3冊とも横浜市立図書館にあります(2022年4月現在)

最後に、本の楽しみ方の中には「書く」もあります。

わたしも、拙いながらも楽しく「書く」ことに挑戦してみました。

本の紹介の後には、お題にまつわる、おまけのショートショート(短いおはなし)をどうぞ。

みなさんもよく知っている、あの場所が出てくるかもしれません。

おまけのショートショート(短いおはなし)

『1年生』

春。

桜の木はもう半分ほど緑になって、木から旅立った花びらは宙でくるくると舞い踊っている。

眩しいくらい明るい陽射しに照らされた、見知った顔に新しい顔。期待に胸が膨らみ、みんながみんな初々しい。

「今日からよろしくね」

私が緊張しながら話しかけると、無邪気な瑞季ちゃんは、笑顔で応えてくれた。

「みんなで、なかよく楽しくがんばろう」

優しくそう言ってくれたのは、少し大人な奏也くん。

頼もしいその声に、私の緊張も少しずつほぐれていく。


チューリップが満開の花壇を眺めながら、ベビーカーを押して小道を歩く。

神大寺中央公園こどもログハウスには、楽しそうな遊具がいっぱいだ。

小さな子どもたちが、全身で真剣に遊んでいる。

まだ入ったことはないけれど、中にも面白そうなしかけがたくさんあるみたいだ。

ベビーカーの中ですやすや眠りはじめた娘も、あんな風に遊ぶ日が来るの?

起きている時には笑顔を見せてくれるものの、まだほとんど寝ころんでいるだけだから、今は想像もつかないけれど。

ハックみたいな友だちと、わんぱくに暴れ回るようになったらどうしよう…

トムソーヤと名づけられたのその建物を見つめながら、つい良からぬ想像が膨らんでしまう。

「涼子、瑞季、そろそろ帰るよ」

 夫に声をかけられ、我にかえる。

私たちは、パパママ一年生。

今日からこの町で、三人の新しい暮らしが始まった。

※おまけのショートショートに出てくる場所はわたしたちの住む町に実際にありますが、お話はフィクションであり、実在の人物や団体などとは関係ありません。

ママゴト商店

インスタグラム  @mamagoto_showten

店舗ナシ寅さんスタイルの気まぐれ古本屋📚
古本と、#ポシェット型ブックカバー #ホントモ はイベントか委託先で販売中。

まちライブラリー@横浜キノコ文庫

ブログ https://ameblo.jp/ml-yokohama-kinoko-bunko/
メール yokohama_kinoko_bunko@yahoo.co.jp
まちライブラリー内ページ https://machi-library.org/where/detail/1279/

みんなで作る私設図書館。
本の貸し出しやイベント開催など、利用者の「こんなことやりたい!」を、本を通して自給自足しています

この記事を書いたひと

シノ

神大寺在住。気まぐれ古本屋『ママゴト商店』や『まちライブラリー@横浜キノコ文庫』など、本にまつわるアレコレでのんびりゆる〜く活動中。好きなモノは本とお笑いとビール。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。